土居コーヒーはどうなんだろう?

こんにちわ!ユウキです。

グァテマラ産のコーヒーを前回書きましたけど、最近ちょっと気になるコーヒーを見つけたんです。

それが土居コーヒーです。土居コーヒーもグァテマラ産のカペティロ農園でできた豆を使ってるみたいです。

グァテマラ産と言ってもさらにその中には8大産地と呼ばれる物があるみたいです。その中でもブルーブレイク、SHB、エルインフェルトの3つが有名らしいです。

とくに日本人が好きなのはブルーブレイクです。濃厚なコクを持つ良質な豆が取れる場所です。

この土居コーヒーもアンティグア地区の豆を注文が入ったら焙煎してるんだそうです。アンティグア地区の物は味はどうなんだろうと思って調べてみたらグァテマラ産のコーヒーのわずか4%くらいの生産量なんだそうで、奇跡の農園って言われてるみたいです。なんか4%って聞くと日本人は少ないから人気がないんだなって思いがちですけど、単になかなか取れない地区からとれましたっていう希少なものなんだそうですよ。味は酸味、香り、コクがすごくいいみたいです。

これは結構期待が持てますね。そこで早速注文してみました。

うちには豆を挽くミルがないので、ペーパードリップ用にしてあるものにしました。注文してから豆を焙煎するから多少時間はかかるんだろうなぁって思ってたら思ったよりは早く送られてきました。

まぁそれでも普通の配達よりもかかりましたけどね。で、この間早速飲んでみました。コーヒーは味の前に匂い、香りが大事なのでまずは匂いを楽しむことに…。

ん?!これはいいかも!!(^ω^)期待がさらに高まります!!一口飲んだらなんか思ったより単純な感じの味ではありますけど、意外とくせになりそうな味ですね。

もっと苦みとかくせが強いかなって思いましたけど、このくらいの方が飽きなくていいのかもしれないですね。

グァテマラ産コーヒーが至高

こんにちは、ユウキです!

今日も優雅な音楽を聴きながら、おいしいコーヒーを飲みたいと思っています。

この前至福の瞬間を味わいました!高級なコーヒーを味わう機会に恵まれたのです!

グァテマラエクセルマウンテンというグァテマラ産のコーヒーの中でも最高級です。

酸味と苦みが少ないので、甘くコクのある上品な味に感動しました。

このコーヒーの豆の産地は、3つの火山に囲まれた盆地で、とても標高が高い高原なんです。天日乾燥に適した少ない降雨量で快適、火山灰性の黒土、コーヒーの木に不可欠な栄養も保ちつつ、水はけの良い土地なんです。

乾燥されたパーチメントは、気温の変化が激しくない木造倉庫で品質が保たれるまで熟成され、脱穀後は地元の女性によって丁寧なハンドピックが施されているのです。

奇跡の環境条件で育ち、手間のかかる行程を何度も繰り返すことで、最高級と言われるほどの味わいになるので、まさしく奇跡のコーヒーと呼ばれるだけありますね!

やはりコーヒーはグァテマラ産の豆を使うことで、本物だとわかりますよね!

今後もコーヒーを愛するものとして、本物の味を探していきたいですね!
高級なコーヒーってあまり手軽には飲めないので、手軽に本物の味を味わう方法って何かないものでしょうか?

コーヒーにとことんこだわりたい

はじめまして、ユウキといいます。

今日からまったりとブログを書いていこうかなって思ってます。

私は46歳で、コーヒーと、レコードが好きな男です。合わせて、コーヒーを飲みながらまったりとレコードを聴くことがお気に入りなんです。

よくカフェに行くと、ジャズ音楽がかかってるお店があります。レコード独特の古い音質を聞いていると、心が落ち着くんです。
昔は祖父の家で聞かせてもらって、その音色にはまってしまいました。

今では技術も進んで、より手軽に聞けるようになっています。スピーカーも一体になっていて、USB端子もついて、パソコンに接続して聴けるタイプがあるんです。

一度は古くなったレコードを、現代版の機械でまた聞けて嬉しいです。また多くの人がレコードを聞き、その良さを共感してほしいと思いますね。

コーヒーにもこだわりがあります。焙煎された豆を買って、コーヒーミルで砕いて、ドリップして飲んでいます。こうして飲む方がコクが違うので、苦みや味の深さも違ってきます。

挽き方ひとつで味が変わるので、繊細な味を楽しむことができるんですね。

やはり豆を選ぶポイントは、焙煎されたばかりの豆が一番です。

このブログでも、コーヒーのこだわりを語っていきたいと思います。